【朗報】ひろゆき、賠償金払わなければ刑事罰へ

Post oleh : ネット民 | Rilis : 10月 30, 2021 | Series :

 

1: 風吹けば名無し 2021/10/30(土) 10:49:14.66 ID:YNpyjoKId
 のらりくらりと支払わない人から賠償金が取れない問題に対応するため2020年4月1日に改正されたのが「民事執行法」です。この法律改正で、財産開示手続が強化されたのです。

 これまでは、相手がどこにどのような財産を持っているかわからなければ、その財産を差し押さえることはできなかった。でもそれって、相手が隠す気になれば、どこに財産があるかなんて、知りようもないわけです。

 だから、ひろゆきのケースみたいに、払う気がなければ払わずに逃げられたわけですが、その問題に対応するため、財産開示手続が強化されたのです。

 賠償金を払ってもらう人(債権者)が裁判所に申し立てれば、賠償金を払うべき人(債務者)を裁判所に呼び出し、自分が持っている財産について述べさせることができる、というのが財産開示手続なのですが、この罰則が強化されたのです。

 その罰則は、6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金という刑事罰。

 つまり、賠償金を払わずに逃げ続けることは、前科のつく立派な犯罪だ、ということになったのです。

 実際、2020年10月には書類送検の事例も発生しています。ひろゆきはその重い罰を避けるため、私に賠償金を支払ったのだろうと思います。

https://otakei.otakuma.net/archives/2021102806.html

オススメ記事

引用元https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1635558554/

google+

linkedin