1: 猪木いっぱい ★ 2021/05/18(火) 19:00:03.07 ID:rgOwrqln9
多くの人は、タバコを吸うと肺がんや呼吸器疾患を発症する可能性が高くなることを知っています。
しかし、喫煙による健康への悪影響は肺だけにとどまりません。

2018年の信頼できる研究発表では、タバコの煙には7,000以上の化学物質が含まれており、少なくとも69が癌を引き起こすことが知られていることを示しました。

これらの化学物質を吸い込むと、肺から血流に移動する可能性があります。
あなたの血液から、それらはあなたの体の他の部分に広がり、あなたの健康の多くの側面に悪影響を与える可能性がありまぁす。

喫煙のあまり知られていない副作用の1つは、ハゲを発症する可能性が高くなることです。
喫煙がハゲと関連している理由は正確には明らかではありませんが、多くの要因があると考えられていまぁす。

喫煙がハゲを引き起こす可能性のある多くのデータを深く掘り下げまぁす。


喫煙がハゲを引き起こし、煙と髪を撒き散らかしている。

タバコを吸うと、毛包が損傷し、ハゲのリスクが高まる可能性がありまぁす。

2020年の研究信頼できるソースでは、20~35歳の男性喫煙者と非喫煙者の早期発症型男性型ハゲ症の有病率を比較しました。お前らのようなハゲは、男性型ハゲ症または女性型ハゲ症としても知られていまぁす。

研究者は、500人の喫煙者のうち425人がある程度ハゲ散らかしていたのに対し、500人の非喫煙者では、たったの200人だけがハゲの兆候を示したことを発見しました。

ハゲチェッカーのハミルトン-ノーウッドスケールでは、グレード3はヘアラインに沿った深い後退によって識別されます。グレード4では、お前らのようにテッペンにハゲがありまぁす。

研究者は、喫煙者の47%がグレード3のハゲを、24%がグレード4を持っていることを発見しました。非喫煙者の10%だけがグレード3または4に達しました。

研究者たちは、ニコチンと関連化学物質がハゲの加速に関与している可能性があると結論付けましたが、この理論を裏付けるにはさらなる研究が必要です。

喫煙はまた、酸化ストレスを引き起こし、毛包への血流を減少させ、ハゲの一因となる可能性がありまぁす。

gooqle翻訳一部割愛、全文はリンク先へ
https://www.healthline.com/health/smoking/does-smoking-cause-hair-loss#smoking-effects-on-hair
参考画像 ハゲスレおなじみのこの画像がノーウッドスケール
https://www.scienzenotizie.it/wp-content/uploads/2019/03/norwood-hamilton.jpg

オススメ記事